千年かわらぬ秋祭(この先の千年も)

秋祭りの前日にラジオ局から電話がかかってきました。 祭り当日に神社から生リポートをしたいので、秋祭りの目的と行事内容を教えてほしいと。 目的かぁ…。 片埜神社(かたのじんじゃ)の秋祭りは毎年10月14日、15日の二日間に行われます。曜日にかかわらず、日にちで行われるので、今年はたまたま土日だけれど、平日に行われる年もあります。「子どもの頃はお宮さんの秋祭りには学校が休みになった」と、80代の総代さんがおっしゃっていました。 日本はお米の国だから、神社のお祭りの主なものは稲作の行程と縫い合わさるように行われています。 なかでも米の収穫時期に行われる「秋祭」を、例祭(れいさい)というもっとも重要な神事に位置づけている神社が多い。片埜神社もそのひとつです。 つまり「秋の実りを神様にお供えして、神様と一緒に飲み食いして豊作を祝い、村の繁栄を祈願する」のが、秋祭りの目的なのですが、片埜神社の秋祭は少なくとも千年以上前から行われているので、そうした昔からの風俗や文化を絶やさずに、後の世代につないでいくこともまた、祭りの重要な目的です。 いろんなフェスや文化祭と、神社のお祭りがちがうのは、そこに氏神さんがいて、氏神さんと一緒に地域の老若男女が音楽や夜店や楽しむというところ。たとえばお茶席のお茶とお菓子も、朝いちばんに神様に奉納され、お神楽や巫女舞も神様に奉納される。晩に行われる演歌歌手のステージも「奉納ショー」と呼ぶ。神社の場合、すべての行事は神と人が一緒に楽しむものなんです! ……という感じでしょうか。 さて、嵐のように過ぎ去った平成29年の秋祭りを振り返ります。 10月14日は宵宮(よい

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

このサイト内の画像・テキストの転載はご遠慮ください。 片埜神社社務所