霧島、って言うらしいよ






よく、「なんて花?」と聞かれることの多い、片埜神社の正門(通称・赤門)側にあるこのつつじは、おそらく「霧島」である(先代宮司談)。毎年、四月後半から一斉に咲きだす。写真は八部咲きといったところだ。


3,4センチほどの小ぶりで赤い花が密集して咲くのが特徴で、満開になると、いくらなんでも赤すぎやしないか、と思うほどの燃えるような景色になる。やはり霧島と断定してまちがいなかろう(現宮司談)。


そんな霧島の出目は鹿児島である。薩摩の出だから、霧島というのである。かつて角界にも鹿児島県霧島市出身の「霧島」という力士がいた。和製ヘラクレスとも呼ばれた筋肉隆々の力士で、ハンサムゆえパリ巡業では「角界のアランドロン」と紹介された(ウィキペディア談)。


ツツジのほうの霧島は、江戸時代の寛永年間(1624-1644)に、薩摩で自生するヤマツツジとミヤマキリシマ(深山霧島)を掛け合わせて作られた園芸品種であり、正保年間(1644-47)に大坂に伝えられ、京都や江戸に爆発的に広まっていった。力士もツツジも、霧島は活躍が華やかだ。


ツツジの霧島を見ていると、人工を追求しすぎて、ついには宇宙的な世界までいってしまった、江戸時代の園芸ブームを幻視できるような気になってくる。





かつて、イギリスをひと月、旅したことがある。ロンドンから、ランズエンドまで、有名無名のストーンヘンジをたどりながら、友人一家と車で旅をした。イギリス人も園芸好きで、庭に手をかけている家が多かったが、イギリス人の庭は、どれも自然への憬れに満ち、ナチュラルに仕上がっていた。


それに比べ、日本の庭園は、めっちゃ水平に切りそろえた枝、図形のように整えられた松、暗号のように配された石、鬼門には魔除けの南天、そして社寺仏閣には真っ赤な霧島。と、偏執狂なまでに作りこまれているではないか。


日本の森は、豊かで変化に富んでおり、神々もおわしますゆえ、それを人間が模倣したとて、到底かなわないのである。山や森そのものをご神体とし、その傍らに拝殿を作って拝むのがもっとも古い神社の形なのも、そもそも自然が豊かだからである。


かなわないなら、自然界の美とは逆のベクトルに向かっていこうじゃねぇか。というのが、どうやら日本の園芸ではないかと思う。


そのベクトルの大きさが最大になっていた江戸時代に、霧島がつくられた。と思うと、じゅうぶん納得できる、この過剰さ。




近頃は苔玉や盆栽など、和の園芸も若者たちに身近になったが、どれも癒し系で毒が無い。やはりこの霧島ぐらい、どぎつく行ってほしい。


なにしろ赤は厄除・魔除けの色なんだ。しおらしく咲いてちゃ厄災を吹き飛ばすことも出来まい、石玉垣からはみ出すぐらい盛り盛りしてこそ霧島だ。



この時期、楠の大木が葉を落とすため、朝夕のそうじが欠かせないのだが、霧島や椿、桜の落ちた花びらがモザイクのように混じっているさまをいい眺めだねぇと思い、片づけるのを忘れてしまいがちな私は、吉田山で神職の研修をしていた時には、榊(サカキ:玉串に使われる常緑樹。神職にとって基本中の基本)の枝を採ってくるよう言われ、まったく異なる木の枝を切ってしまったほど、植物についてはちっとも詳しくない。


だから、この霧島くらい特徴があって、かつ、世話しなくても毎年、わしわし花を咲かせてくれて、そのうえ参拝者の方に喜んでいただける植物は、たいへんありがたいのだ。



を世話になる寺をさがして歩くつつじが真っ盛だ 放哉


エリート会社員をドロップアウトし、お寺で住み込みでお手伝いをしながら俳句を詠んでいた俳人、尾崎放哉。(自由律俳句の人なので五七五にはなってません)。ここに詠まれているつつじが霧島なのかどうかは、定かでないが、放浪している放哉さんと、真っ盛なつつじとの対比がかわいい。


放哉さんは晩年、小豆島のお寺にお世話になっていたが、そのころの俳句には、「社務のあけくれあるある」なものがいくつかあって、胸がきゅんとしてしまう。


落ち葉ふんで来る者が犬であった


水引がたんとたまった浅い箱で


あたまをそって帰る青梅たくさん落ちてる



一昨年の夏、放哉さんのお墓にお参りしたときには、まだ供えられたばかりのお酒があった。











特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • 片埜神社社務所

このサイト内の画像・テキストの転載はご遠慮ください。 片埜神社社務所