毒を食らわば皿までも





毎年、稲荷社の奥で、椿の大木が花を咲かせる。

大木すぎて、上を見上げねば花に気づかず、散り始めて地面に落ちたピンク色を見ては、あ、椿。と思う。


にわかにカメラを持ち出して、黒澤明の映画「椿三十郎」の椿屋敷を連想しながら、椿と土塀のツーショットを写真に収めることに夢中になる。


「椿三十郎」は「用心棒」の続編で、浪人の三十郎(三船敏郎)が、あるお屋敷に身を潜めているときに名を尋ねられ、屋敷の見事な椿を見て「椿三十郎」と名乗る。梅でも桃でも桜でもなく、椿というところがいい。


それにしても、近頃、土塀の傷みが激しいので、いつまでこのような寂びた風景が撮れるのか分からない。私らの代でこの土塀も再建せねばならないだろう。


そんなわけでこの季節は椿に執心していて、他の花にはまったく目がいかなかったのだが、実は赤門を入ってすぐの目立つ位置に、可憐な花を咲かせている植物があった。





社務所の玄関にも近いのに、興味がなかったために無視し続けてきたが、寄ってみると鈴蘭のようなこまかい花が連なっており、洋風に見える。


ちょっぴり南国テイストも、無きにしもあらず。


稲荷社の奥で秘密裏に花を咲かせる肉感的な椿に比べると、あっけらかんとした明るさで、

つつじの植え込みの中で、いつのまにか、たいそう栄えているのである。

外来種なのだろうか。




先日スマートフォンに入れた、植物判定アプリに判定させることにした。


もともと、梅の品種を調べようと思って入れたのだが、「梅(ウメ)」としか出ず、使えない奴、と放っておいたのだが、こういうA.I.にはたくさんのデータを投入して学習させないといけない。


早速判定。すると、「馬酔木(あせび)」と出た。


さらに「馬酔木(あせび)」について検索してみると、実はこの国に古くから存在する日本固有種で、万葉集にも詠まれている植物なのだった。


「万葉集にも」!


ということは、「大昔から貴い」と同義である。

外来種かもしれぬと思っていた私にとっても、にわかに馬酔木(あせび)が尊い存在になった。


実際に、万葉集において、馬酔木(あせび)はどう詠まれているのだろうか。


磯の上に生ふる馬酔木を手折らめど

見すべき君が在りと言はなくに

大伯皇女(おおくのひめみこ)


が、真っ先に出てきた。


ああ、そうだったか!


知っている和歌など指十本にも満たなかった私が、ずいぶん前から知っている歌だった。


一見、恋の歌のようであるが、ちがう。

見すべき君、は、もう死んでいるのである。


謀反の罪で処刑された弟の大津皇子(おおつのみこ)が二上山に葬られた時、お姉さんの大伯皇女が詠んだ歌。すなわち、姉が弟にささげた鎮魂歌である。