桜と死、そしてボーイズラブ

俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。

(梶井基次郎「桜の樹の下には」)


「檸檬」の梶井基次郎が書くずっと前から、桜と死は切っても切れない関係にあったように思われる。




枚方八景のひとつにも選ばれている「牧野の桜」。片埜神社の北側にある牧野公園は、桜の名所として知られるが、ここにも、ある武将の首が埋まっていると伝わる塚がある。

平安時代、征夷大将軍 坂上田村麻呂によって平定された蝦夷(えみし)の武将、阿弖流為(アテルイ)と、副将である母禮(モレ)の首である。


牧野公園は、現在、市の所有であるが、戦前までは片埜神社の宮山であった。

阿弖流為と母禮が斬首された時(802年)には、すでに片埜神社は存在しており、牧野公園はやはり宮山であったと思われる。

宮山ということは、神域であるから、血の穢れは最も避けられるはずの場所。そこにあえて首を埋めたとなれば、その禁忌をひっくり返すだけの理由がある。よほどの高貴な人物か。祟り神となり得る人物か。あるいはその両方か。

いずれにせよ、その霊力の大きさが最大級の人物でなくてはいけない。朝廷軍を苦しめ「悪路王」と恐れられた武将、阿弖流為ならば、それに値するだろう。




そもそも片埜神社は出雲の豪族、能見宿禰(のみのすくね)が大麻蹴速(たいまのけはや)に相撲で勝ち、交野ケ原一帯を拝領した際、出身地出雲の神「素戔嗚尊(スサノオノミコト)」を祀ったのが草創であり、祀られたスサノオ自体が荒ぶる神なのである。(高天原で暴れ、姉である天照大神を怒らせ、天の岩戸隠れの原因をつくったのがスサノオ)。

平安京からみて裏鬼門、のちの大阪城からみると鬼門という、方位的要所にあたる交野ケ原は、霊的に強い門番が必要だった。荒ぶる神スサノオの鎮座する片埜神社の北側神域に、「悪路王」阿弖流為の首が鎮まるとなれば、この地の霊力はさらに増す。



現世では、坂上田村麻呂のほうが数々の伝説を残した歴史的英雄として名を知られているが、霊的存在としては阿弖流為もまた田村麻呂同様に力を発揮し続けてきたのではないだろうか。

坂上田村麻呂が、投降してきた阿弖流為の助命を朝廷に嘆願したという一文が歴史的文献に残されていたところから、後の時代の劇作家たちは好敵手田村麻呂と阿弖流為の友情物語をふくらませた。

男が男に惚れる。敵ながら、その戦いっぷりに惚れる。観客はその精神的ボーイズラブに萌える。(「萌える」という言葉のこの使用法を発明したのは誰だ? もはや「萌える」でしか、この感情を表せない気さえする)。

『歌舞伎NEXT阿弖流為』では中村勘九郎が田村麻呂を、市川染五郎が阿弖流為を演じ、二人の関係を痛快に演じて観客にカタルシスを与えた。宝塚歌劇団も星組トップスター礼真琴が就任早々、『阿弖流為-ATERUI』で阿弖流為役を演じ話題となった。市川染五郎も礼真琴も、公演前に牧野公園の首塚を訪れている。

枚方市では地元の子供たちで構成されたレベルの高い現代組踊の集団「ひらかた肝高クラブ」が「火怨の蝦夷 阿弖流為」を主演目として定期的に上演し続けている。昨年は悪天候のため実現しなかったが、毎年9月の阿弖流為慰霊祭においては首塚の前で演目を奉納するなど、演劇のひとつの重要な機能である「鎮魂」の役割を見事に果たしている。

ようやく、阿弖流為も影の存在から表舞台へ出てきつつあるようだ。

(写真は昨日わたしが片埜神社境内の紫陽花園の草ひきをしていた時、応援に横切った猫。本文とは関係がありません)。



さて、いまの枚方市が平安時代には交野(かたの)と呼ばれており、方角的、呪術的に重要な地であったと同時に、そこは皇室の御領であり古来から狩猟地として名高い場所でもあった。


たとえば枚方市「禁野(きんや)」は貴族以外が狩りをしてはならない禁猟地であったところ、いまは京阪電車の駅名にもなっている「牧野(まきの)」は貴族のための馬の牧場であったところ、というぐあいに、今の地名にもその名残がある。


それゆえ、歌集に残る貴族たちの歌にも、歌枕として交野が登場する。

狩暮らしかた野の真柴をりしきて 淀の川瀬の月をみるかな

(日が暮れるまで狩りをして、交野の雑木を折って寝床にして、根っころがって淀の川瀬の月を見ている。)

藤原公衡 「新古今集」


<