ハライドの狼

ついこの間まで、腕まくりして汗をかきつつ落ち葉掃きをしていたのが、気がついたら空気が冷たく、軍手が防寒具になっていた。

七五三詣のお子さんたちが、可愛い。


お餅みたいな三歳児に、参拝客のお年寄りが群がっている。私も意識だけそこに参加する。

我が子の時は余裕がなくてその可愛さを存分に味わうことができなかったので、今、人のお子さんで可愛さを堪能しているのだ。

ところで、七五三のご祈祷だけではなくお宮参りも厄除祈願も、すべてのご祈祷で最初に行われるのが、修祓(しゅばつ)という、いわゆるお祓いである。

神職が祓串をシャっ、シャっと振る前に、祓串に正対して六十度に腰を折り、唱えているのが祓詞(はらえことば)。子供達には呪文のように聞こえるだろう。

かけまくもかしこきいざなぎのおおかみ

つくしのひむかのたちばなのおどのあはぎはらに

みそぎはらえたまいしときになりませる はらえどのおおかみたち

もろもろのまがごとつみけがれあらんをば

はらえたまいきよめたまえともうすことをきこしめせと

かしこみかしこみももうす

二年ほど前、スマホの音声入力で遊んでいた時、祓詞も音声入力してみた。 A.I.は以下のように変換してきた。

かけまくもかしこきイザナギの狼

つくし野ひむかの橘の音の萩原に

みそぎはらいたまいしときになりませるハライドの狼たち

もろもろのマンゴーと罪穢れアラームは

払いたまえ清めたまえと申すことを聞こう示せと

かしこみか仕込みももう雲子

音の萩原。

ハライドの狼。

もろもろのマンゴー。

罪穢れアラーム。

雲子。


A.I.のくせに、誤変換のセンスが良いと思った。


だが、音声認識の精度は日進月歩。もしかしたら今はA.I.も祓詞を正確に変換するつまらない奴になっているかもと思い、先ほども音声入力してみたが、祓詞に関しては二年前と同じような結果で、満足した。

さて、変換の正解は以下である。

かけまくも畏き伊邪那岐大神

筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に

御禊祓へ給ひし時に生り坐せる祓へ戸の大神等

諸々の禍事 罪 穢有らむをば

祓へ給ひ 清め給へと白すことを聞こしめせと

恐み恐みも白す

ざっくり解説すると、

国生みの夫婦神、イザナギ・イザナミの、男神のほう(イザナギ)が、川でみそぎした時に、たくさんの神々が生まれて、祓戸の大神たち(はらえどのおおかみたち)と呼ばれている。祓詞は、その大神たちに、「もろもろの禍事(まがごと)や罪や穢れがあったら、祓ってください、清めてください」とお願いしているのである。

イザナギがどうして川で禊ぎをするに至ったかのいきさつ(イザナミとのいざこざ)については、ここで書くと長くなるので、古事記や日本書紀を参照してほしい。

この祓詞、一回声に出して唱えてみると分かるのだが、地名がやけに長くて詳しい。「の」が多い。

祓詞は全部でたった6行しかないのに、長めの1行まるまる使って

筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に

という、かなり限定した地名を語っている。

私はここの部分を唱える時、まだ行ったことのない九州のどこかの、陽の光と緑の濃い草原の中を、ハライドの狼と一緒にわしわしと駆け抜け、もろもろのマンゴーの実をもいで食べ、清流でごくごく水を飲むところが脳内に展開される。

それはA.I.の誤変換のせいでもあるのだが、おそらく、これを唱えるそれぞれの人が、それぞれの脳内に、めちゃくちゃ気持ちの良い風景を投影していることと思う。


だが、「筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原」という、この不必要に詳しい地名を合理的に抽象化して「ある河原で」としたら、どうなるだろう?

脳内に気持ちの良い風景は発生するだろうか?


しないと思う。


それだけでなく、途端に祓詞としての力が失われるように思うのは私だけだろうか。いや、おそらく全世界の人がそうだろう。

一番、意味があんまり無い部分、地名を詳しく言ってるだけの一行に、祓詞の力が宿っていそうな気がする。

それこそが、祓詞の本質なのではないか。と最近は思っている。

昨年の今頃、大学4回生の巫女さんとこんな会話をした。

「桃子さん。私、今回のGO to トラベルで国内の温泉に六カ所も行きましたよ」

「うらやましいけど六カ所は行き過ぎじゃない?」

「コロナで海外に卒業旅行行かれへんくなったから」

「あ、そうか」

「それでね桃子さん」


「うん。何」


「気がついたんですけど、日本て、景色のいいところ全部に鳥居が立ってるんですよ。崖とかでも」


「うん、知ってる」

そうなのだ。日本じゅう、どこへ行っても、風景の素晴らしい場所には鳥居が立っている。


それは、我々が、風光明媚な場所に神の存在を感じ、そこに鳥居を立てるからである。海に向かって立っている鳥居もある。

だから、神を語る時にも、まず場所、土地を語る。言祝ぐ。それは我々にとって、ごく自然な行為なのである。

よその国ではどうなんだろうか。


私は中学高校とキリスト教系の私学に通っていたので毎朝讃美歌を歌っていた。クラス礼拝では礼拝当番というのが回ってきて、みんなで歌う讃美歌を選び、聖書の箇所を選び、何かしら話をしなくてはならない。

たくさんある讃美歌の中でも、みんながよく選ぶ定番ソングがいくつかあり、その中でも一番人気だった312番はこんな歌詞。

いつくしみふかき ともなるイエスは

つみ とが うれいを とりさりたもう

こころのなげきを つつまず のべて

などかは おろさぬ おえる おもにを

文語なので原曲(アイルランドの教師が作ったそうです)の英詞とは違った趣があるものの、讃美歌の歌詞ってだいたいこんな感じだ。

「罪 咎 憂いを取り去ってほしい」と言うコンセプト自体は、祓詞と似ているが、場所や地名は全く出てこない。

讃美歌の歌詞を、翻訳ではなくて、そもそも日本人が作ったとしたら、イエスが出てくる前に三行くらい使って、イエスが生まれた地名を語り、その土地を言祝いでしまうのではないだろうか。


どちらがいいとか悪いとか、そういうことではなく、私たちはどうやら「土地を言祝ぎたい民族」なのだと思う。


だからといって、私は「これが日本人特有の感覚だ」とは思わない。同じように土地に思い入れを持つ民族が地球上にいくつもあると思うし、民族としてそういう文化がなくても個人的に土地や地形にシンパシーを感じている人は地球上にたくさんいると思うから。


だが、日本人が土地や景色というものに思い入れがあり、それを言祝ぐという文化を育ててきた、ということについては、確かな事実だと思う。


だからこそ、現代になっても、多くの人が、引っ越ししたり家を建てたりする時には方除祈祷や地鎮祭をおこない、片埜神社のような「方除社」が続いているのだろうと思う。



先日、この秋に出来たばかりの枚方市総合文化芸術センターで、日本総合研究所主任研究員の藻谷浩介さんの講演を聞く機会があった。(株式会社たまゆら主催 ひらかた地域未来シンポジウムにて)。


藻谷さんはまずモニターにGoogleマップの地球を映し出し、それをぐるっと回してよその国と日本列島との見た目の違いを指摘され、

「鬼のように緑が濃くて生き物が豊か」

「この緯度でこれだけ緑に埋まっているのは奇跡に近い」

と、日本の土地を褒められた。


それから、枚方にズームアップして、

「北西に淀川、その河川敷が広大な緑地」

「南東に万葉集にも歌われた交野丘陵」

「千年前から存在し千年後も存在するであろう田畑、寺社、市(市場)がある」

「京都と大阪の中間にあり観光の拠点として最適」

と、言祝がれたのである。


このとき私は、広沢虎造の語る「浪曲 清水次郎長伝 森の石松の段」を思い出していた。


旅行けば、駿河の道に茶の香り

流れも清き太田川、若鮎躍るころとなる

松の緑の色も冴え、遠州森町良い茶の出どこ

娘やりたや、お茶摘みに

ここは名代の火伏の神、

秋葉神社の参道に、産声あげし快男児

昭和の御代まで名を残す、遠州森の石松を、

不便ながらも務めます


ああ、気持ちいい。


土地を言祝がれると、どうして気持ちがいいんだろう。どうして勇気がもりもり湧いてくるのだろう。


もちろん、世界の国々、日本の津々浦々をご自分の足で歩いて、「里山資本主義」という本を書かれた藻谷さんは、きっと枚方市以外の土地に行かれても、その土地の地形からくる特徴を見出し、数字やデータを明示し、見やすいグラフにしてくれた上で、いい声で言祝いでおられることと思う。


それを聞いた人たちが、自分の土地への愛着を深め、地の利を見出し、そこからさまざまなアイデアが生み出されてゆくのだろう。


世の中に「言祝ぎ屋」というジャンルがあるならば、私もそこに加わりたいし、うちの福娘さんたちもそのような役割ができるんじゃないかな。


というようなことを、つらつら考えていた。


神社に戻り、日々の社務をこなす。


日々のご祈祷。祓詞をあげる。


ハライドの狼と草原を駆け抜けて、もろもろのマンゴーにかぶりつく。体のすみずみまで清まっているから罪穢れアラームは鳴らない。(注:私の妄想です)


誰しもが、心の中に自分だけの「筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原」の風景を持っている。


だから、どこへ行っても、どこに住んでも、大丈夫。


その土地を愛で、言祝いで、生きてゆけばよい。


年末年始、神社に足を運ぶ機会があるのなら、是非とも早朝をおすすめする。静かな境内で、五感を研ぎ澄ませ、木々の揺れる音に耳を澄まし、自分だけの阿波岐原で、魂を思いっきり自由に走り回らせてほしい。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • 片埜神社社務所