これ何だと思いますか?


片埜神社の神輿蔵の奥にあった、宮太鼓です。

長いあいだ使われていなかったために、鼓面の皮は破れ、皮を胴に留めている鉄の鋲(びょう)はボロボロ、胴の木も、カッサカサのボロッボロでした。

破れた皮を剥いて、胴の中を見てみると……、

日付と人名のようなものがたくさん書かれていました。いちばん古い日付は「寛政拾年 長月」「戌」で、その横に「細工人」誰々、という名前のようなもの。おそらくこの年に新調され、修理のたびに日付と名前が書き足されていったのでしょう。

この太鼓が作られたであろう寛政拾年を、ググってみました。

寛政10年は西暦で1798年、今から232年前。光格天皇の御代、将軍は徳川家斉のころ。本居宣長先生が「古事記伝」を完成させ、蝦夷地に探検隊が入り、2年後の寛政12年には伊能忠敬が蝦夷地を測量。そんな年です。

正味な話、修復は無理かも知れん。

と思いました。作られてから二百年越えしているし、いくらなんでもボロボロすぎる。

でも、でもですよ。

鼓面の直径を測ってみたら二尺一寸(約63㎝)。これだけの立派な大太鼓が修復され、たたけるようになったら、どんなにすばらしいか。寛政時代の音がするんですよ。江戸幕府があったころの音ですよ。

というわけで、約一年前の九月に、京都の和太鼓専門店にお願いして、太鼓を見に来ていただきました。

専門家の見立てによると、胴は欅(けやき)で出来ており、太鼓の材として一等高級、メンテナンスすれば百年、二百年使用が可能。一本の欅をくりぬいてここまで大きな太鼓をつくるのは、現代では不可能、なぜならこれだけ太い木そのものが、今は無いので! とのこと。

木で出来た楽器は、古いほどいい。

私は、木で出来たバイオリンを弾きますし、煤竹で出来た龍笛を吹きますので、

よく分かります。良い木であればあるほど、経年でさらに音がよくなる。ならば、この太鼓が経験した二百年という月日が作った音は、どんなだろうか。胸おどります。

さらに、専門家の方が言うには、職人が木をくりぬいて大太鼓をつくるとき、

「東の太鼓は縦彫り、西の太鼓は横彫り」らしいんですよ。

くわしく言うと、東の太鼓は、鼓面から反対側へまっすぐに音が伸びるように垂直に彫る。西の太鼓は、音が胴の中で円を描くように真横に彫るそうなんです。

たしかに、東のスコーンと抜ける乾いた粋な音に対して、西はうねるような、グルーヴ感が好まれます。にしても、あえて表面をつるつるに彫らずに、彫り溝の縦横で東西それぞれの好みのちがう音像をつくるなんて、江戸時代の職人の考えるこたぁ、すごいですね。

と、感心してる場合ではなくて、西の太鼓であるはずの片埜神社の寛政拾年太鼓は、胴の中を見てみると、なぜか「半分縦彫り、半分横彫り」になっているじゃありませんか。太鼓の中で、西と東が融合している。「不思議ですなあ」。専門家も首をかしげておられました。

東西どっちのタイプもつくっている岐阜あたりで、最初は江戸からの発注で作ってたのがキャンセルになって、じゃあこれを西におさめよっか。ってことになって途中から西仕様に変更したのかもしれないし、あるいは職人(細工人)が横彫りと縦彫りまぜたらどんな音がするのかなー、って素朴な好奇心で作ったのかもしれないし、単純に東の嫁さんをもらったからその記念に東西混合型をつくってみたのかもしれないですよね。

理由が何にせよ、途中まで縦彫り、途中から横彫りということは、さきほどの理論からいうと、音が途中まではまっすぐ抜けて、最終ぐるぐるうねるわけですよ。あるいは、最初ぐるぐるしてからスコーンですよ。もうどんな音か想像がつきませんよね。皮を張って鳴らしてみないことには。

というわけで、昨年の秋、思い切ってこの太鼓の修復をすることにしたのです。あの時はまだ、まさか翌年に地震と台風のダブルパンチで社殿や土塀をあちこち修復せざるを得ない事態になるとは、思ってもみなかったもので…。ですが、もし今であれば、おそらく太鼓の修理は後回しになり、結局お蔵入りになってしまったはず。そうならなかったのは神の采配としか思えません。

そんなわけで胴の外側の欅を削って磨きをかけ、つるつるにし、皮も張り替え、鋲も新調して、破損のひどかった鼓口もすっかりきれいになって修復されて帰ってきたのがこの太鼓!

修復・写真 太鼓センター

ちなみに西と東でちがう箇所がもうひとつ、太鼓の胴と皮の接点である「唄口」の部分が「西は山きり、東は谷きり」なんだそうです。西は重低音、東はシャープな音質を強調するため。修復前の唄口は、もはや皮がぶよぶよすぎて山か谷かわかりませんでしたが、修復後は、山になっていました。西仕様です。

この太鼓、10月14日、15日の秋祭りの「まつり太鼓」にて登場します。江戸時代の太鼓をたたくのは、氏子の子供たち。今年は気合、はいってます! 演目も増やしました! ぜひ、聞きにいらしてください。

秋祭り こども 奉納まつり太鼓 於:片埜神社神楽殿

平成30年 10月14日 午後6時

      10月15日 午後7時

143回の閲覧

このサイト内の画像・テキストの転載はご遠慮ください。 片埜神社社務所