通り過ぎる夏

あたまのてっぺんから足の先まで、夏がいっぱいにつまっている、体のどこを切っても、夏が出てくる、そんなのが夏であるのに、今年は、気が付いたら九月になっていた。 花火大会も、盆踊りも、海水浴もなかった夏が通り過ぎる。 いつもの夏なら、子供たちと一緒に、拾ってきた貝殻に名前をつけて遊んだり、海岸で拾ったガラスや茶碗の破片を、すぐ近くの穂谷川で獲ってきたメダカの隠れ場所にしたり、 浴衣を着て盆踊りに出かけたりするのだが。 私たちは、毎年、近所の4,5か所の盆踊りに出かけていて、中には、片埜神社が音響を担当している盆踊りもあったから、江州音頭はもう体に染みついている。 地域の盆踊りで音頭取りをしてくださる近江会の皆さんは、このときは3人の音頭取りが順繰りに音頭を取ってゆく、3MCのビースティ・ボーイズ編成だった。自由自在に歌い、アドリブを展開し、そして自由なタイミングで音頭取りを交代してゆく。 マイクのレベル調整が忙しそうだったが、音響卓を操るのは宮司とその仲間たちだから、私は子供たちと一緒に踊ったり、たこせんを食べたり、ある年には子供会の役で「あてもん」係をしたり。終盤に打ち上げ花火を見て、それから最後にうちわでの抽選会が終わるまで、存分に夏の宵を楽しんだものだ。 去年の夏は、枚方市の企業「しごとぎや たまゆら」さんと、牧野駅前の商店街のみなさん、牧野枚方えびすの福娘さんたちと一緒に、「たまゆらフェスタ」の盛り上げ隊で大阪のたくさんの企業を訪問させていただき、建設中の2025年大阪万博会場を見て、「わー!」なんてはしゃいでいた。(窓の外、後方に見えるのが万博会場) ミズノ大阪本社のショ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

このサイト内の画像・テキストの転載はご遠慮ください。 片埜神社社務所