時をかけるご朱印帖

ご朱印ブームのおかげで、京都と大阪の狭間という辺境の地にある片埜神社にも、全国からのお参りがある。 というより、もともと遠くからのお参りはあって、ご朱印という形でそれが浮き彫りになったのかもしれない。 ご朱印を、知らない人のために説明しておこう。 神社仏閣におまいりした際に、そのしるしとして、朱印帖に社寺のハンコを押してもらうもので、神職または僧侶あるいは職員が、社名や参拝日付を筆で書き入れるのである。基本的に一社一頁。同じ神社やお寺のご朱印を何回もらってもかまわない。 スタンプラリーと違うのは、ハンコを押すのも日付を書くのも、朱印帖の持ち主本人ではなくてその社寺の人だという事。 さて、私事になるが、去年の夏休み、子供らと埼玉で川釣りをした。 べつに、釣り場として有名な場所でも、観光地でもない。実家の近くなわけでもない。 釣り好きの漫画家の友達が、埼玉の田舎に住んでいて、その地元の人しか知らないような川で、子どもも釣りができるポイントを探してくれて、パンを丸めて小さい魚を釣った。途中で友達の車がパンクして、コンビニの駐車場でタイヤ交換をした。 枚方に帰ってきて次の日、頼まれたご朱印帖を書こうとしたら隣の頁に埼玉の神社の朱印が押してあった。前の日に川釣りをした地域の名前を冠した神社だった。 私は夏休み気分のまま、「きのう、この神社の近くで釣りしたんですよ!」と言って釣りをした小さな川について説明すると、ご朱印帖を持ってきた人は「うちのすぐ近くですよ!なぜあんなところで!」と、とても驚いた。 その方はご朱印集めを始めたところで、実家が枚方にあるので「きょう帰省して、さっそく実家の氏

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

このサイト内の画像・テキストの転載はご遠慮ください。 片埜神社社務所