これ何だと思いますか?

片埜神社の神輿蔵の奥にあった、宮太鼓です。 長いあいだ使われていなかったために、鼓面の皮は破れ、皮を胴に留めている鉄の鋲(びょう)はボロボロ、胴の木も、カッサカサのボロッボロでした。 破れた皮を剥いて、胴の中を見てみると……、 日付と人名のようなものがたくさん書かれていました。いちばん古い日付は「寛政拾年 長月」「戌」で、その横に「細工人」誰々、という名前のようなもの。おそらくこの年に新調され、修理のたびに日付と名前が書き足されていったのでしょう。 この太鼓が作られたであろう寛政拾年を、ググってみました。 寛政10年は西暦で1798年、今から232年前。光格天皇の御代、将軍は徳川家斉のころ。本居宣長先生が「古事記伝」を完成させ、蝦夷地に探検隊が入り、2年後の寛政12年には伊能忠敬が蝦夷地を測量。そんな年です。 正味な話、修復は無理かも知れん。 と思いました。作られてから二百年越えしているし、いくらなんでもボロボロすぎる。 でも、でもですよ。 鼓面の直径を測ってみたら二尺一寸(約63㎝)。これだけの立派な大太鼓が修復され、たたけるようになったら、どんなにすばらしいか。寛政時代の音がするんですよ。江戸幕府があったころの音ですよ。 というわけで、約一年前の九月に、京都の和太鼓専門店にお願いして、太鼓を見に来ていただきました。 専門家の見立てによると、胴は欅(けやき)で出来ており、太鼓の材として一等高級、メンテナンスすれば百年、二百年使用が可能。一本の欅をくりぬいてここまで大きな太鼓をつくるのは、現代では不可能、なぜならこれだけ太い木そのものが、今は無いので! とのこと。 木で出来た楽

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

このサイト内の画像・テキストの転載はご遠慮ください。 片埜神社社務所