オモロ・ウムイ・グェーナを聞く

2月12日にICUチャペル(東京・三鷹)で琉球の古謡であるオモロ、ウムイ、グェーナを琉球王朝古謡秘曲団がうたうのを聞きにゆきました。 ICUは秋篠宮眞子さまが学ばれ、佳子さまがご在学中の大学として知られていますが、私の母校でもあります。今回はICU宗教音楽センターのオープンレクチャーということで、幅広い年齢層の方々が来られていました。 満員のチャペルの2階席から遠目に見ていると、秘曲団はみなさん背が小さめなうえに、声が素朴で若い感じなので「中学生ぐらいかな?」と思いました。マット・ギランICU宗教音楽センター長が彼女らを紹介するまで平均年齢75歳だとは、わかりませんでした。 大きな白い扇を持った女性が先導となりワンフレーズをうたい、それに続いて全員がユニゾンで同じフレーズをうたう、というのがくり返されます。それは、よせては返す、ゆったりとした波のようであり、風のようでもあります。これらは10世紀ごろから歌い継がれてきた神歌(神様への思い=おもろ・うむい)で、沖縄では祭祀で今でもうたわれており、琉球王朝秘曲研究家の山内盛彬(やまうち せいひん)氏が採譜したのだそうです。 レクチャーでは竹富島のユーンガイ(世迎え)と大宜味村のウンガミ(海神)の実際の祭祀の映像も流されました。うちわを持った女性たちがうたいながら神を迎え、うたいながら神を送るようすが映し出されます。 神社神道でも、神社以外の場所で祭祀をおこなうとき、たとえばあたらしく家を建てるときの地鎮祭などでは、その場所に神様をお呼びしてから祭祀をおこない、最後に神様に帰っていただいて祭祀を終えます。呼ぶ・送るときの儀式は「降神(

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

このサイト内の画像・テキストの転載はご遠慮ください。 片埜神社社務所